空と陸のはざまで  旅日記

大好きな旅行に関する情報から不動産 時々、日々のこと

鳴門海月別亭・鯛丸海月宿泊記・徳島県

そうだ 美味しい鳴門鯛を食べに行こう😋

 

 

週末、徳島県鳴門市にある鳴門海月別亭 鯛丸海月

家族で宿泊してきました。

 

 

f:id:travelmania:20200706113402j:plain

 

 

 

場所は神戸淡路鳴門自動車道・鳴門北ICから車で約2km、

海岸沿いに建つ観光ホテルです。

 

 

 

大塚国際美術館まで徒歩4分、渦の道まで車で約2kmの距離にあります。

フロント前の玄関前の道路を渡ると左手に大塚美術館の外観が見えるほど

近くにあります。

実際、チェックアウトを済ませた親子ずれがキャリーバックを転がしながら

徒歩で大塚美術館に向かって歩いていました

 

 

 

徳島県出身の歌手、米須玄師さんが2018年の紅白歌合戦で生中継で

歌った場所としてファンの方々の間では聖地として有名ですね。

実際、それ以降来館客が増えたと聞いております。

 

鳴門市には大塚美術館から始まり、大塚グループのお膝元ということもあり

大塚グループの関連施設がたくさんあります。

子供が喜ぶ工場見学もできます(今は一時中止のようです。2020年7月現在)

 

ポカリスエットやカロリーメイト、ソイジョイなどが作られる過程は

一度見てみたいですね。

 

海岸沿いにあるホテルなのでホテルを右手に行くと

ホテルや旅館が立ち並び、夏には海水浴もできる場所があるので

海水浴、美術館鑑賞、工場見学、鳴門海峡の渦潮、

海の幸などを楽しめる滞在ができると思います。

子供がいると海だけとかよりも 観光や体験と組み合わせができるほうが

飽きずに過ごせて親は助かります。

欲を言えば、何か体験ものに参加して

 

夏休みの自由研究を終わらせる

 

ことができれば最高でよね(笑)

 

 

今回のお楽しみは何と言っても 鳴門鯛を堪能するです。

 

鳴門鯛とは鳴門海峡付近で獲れる鯛のことで流れが早く厳しい環境で生息しているので

身が引き締まっていながらも適度に脂がのっていて味もよく

全国的にも最上級の鯛の一つとされています。

 

 

鯛をメインとした刺身盛り(4人前です)

 

 

f:id:travelmania:20200706133433j:plain

 

 

 子供はもちろん活け造りって大人だってテンション上がりますよね(^_-)-☆

 

野菜と鯛の陶板焼きや天婦羅、御飯物は鯛を使った炊き込み御飯です。

炊き込み御飯が絶品でした。

1品1品、ゆっくりと作り立てをだしてくれるので

正直、お腹いっぱいになってしまった子供たちが炊き込み御飯を

残してしまいましたが、おにぎりにして部屋に持っていっていいか尋ねると

心よくおにぎりにしてくださいました。

 

子供ってすぐまた「お腹すいた~」って言いますからね

我が家はお泊まりに出かける時は必ずカップ麺をカバンに忍ばせています。

泊まったホテルでみんなで食べる夜食っておいしいし、

楽しくってこれも思い出になるかなぁなんて思っています。

この日も「炊き込みご飯のおにぎり」と「どん兵衛」」おいしく頂きました。

 

 

 

就寝前と起床後には5階にある展望のいい大浴場でお風呂も堪能し

 

 

 

朝からおいしく頂きました。

 

f:id:travelmania:20200706134913j:plain

 

 

水着を持ってまた行きたいなぁ